【徒歩は可能?】ニノイ・アキノ空港からオカダマニラまでの行き方

こんにちは。研修医アッキーです。

本日はフィリピン・マニラのニノイアキノ空港第3ターミナルからオカダ・マニラまでの行き方について解説します。

目次

オカダマニラとは

オカダ・マニラは、マニラ湾岸に位置する高級統合型リゾートです。

華やかな客室、世界クラスのレストラン、エンターテイメント施設が自慢で、豪華な滞在を約束します。

カジノもできるため日本人も多くいる場所になります。

オカダマニラまでの行き方

タクシー

私はタクシーを利用したことはありませんが、空港出口には沢山のタクシーが停まっています。

実際に「どうだい?」みたいに声を掛けられることはあります。

私自身、以前ニノイアキノ空港から乗ったタクシーでぼったくられた経験があるので乗りませんでした。
(夜中でした。相場の10倍程度取られました。)

最悪、ぼったくられてもフィリピンの物価を考えるとたかが知れてると割り切るものアリかも知れません。

私がぼったくられた時には、100ペソの距離が1000ペソ(2500円程度)になりました。

Grab

一番いいのがこの方法だと思います。

しかし、問題点があります。

今まで3回ほどマニラに行きましたが、一度だけGrabが捕まらないことがありました。

その時、私が空港に着いたのは昼12時頃でしたが、Grabを使って30分以上配車を待ちましたが一向にマッチしませんでした。

もしかしたら時間帯が悪かったのかも知れませんが、こういった可能性があることは頭の隅に入れておく必要があります。

こういうことも稀にありますが、基本的にはすぐマッチします。

料金は300ペソ前後(750円程度)です。

ちなみに車を使う場合「SkyLine?」って聞かれます。高速道路のことですが、「Yes」と言っておきましょう。

料金は恐らく日本円で100円前後で、所要時間がとても短くなります。

徒歩

恐らく、日本人で徒歩でオカダマニラまで行った人は少ないのでは?と思いますが、私は徒歩で行きました。

その時は到着は第3ターミナルでした。第3ターミナルは歩いて空港外に出ることが可能です。

第3ターミナル入り口〜オカダマニラ入り口まで、大体1時間程度です。

キャリーバッグがあると少し大変かも知れませんが、バッグのみであれば行けなくはないです。

ただ幾つか難所はあります。

フィリピンの道での難所
○路上に野犬や鶏がいる。
→人間に興味ないのか、襲ってくる様子は一切ありませんが、狂犬病などと考えると少し怖いです。

○舗装された道は少ない。
→発展途上であるため、日本のように舗装されたきれいな道は少ないです、水浸しだったり、犬の糞が落ちていたりします。私が行った時には、当たり前のように橋が途中で終わっていました。(落ちないように注意)

○信号はないので、車の間を抜けて道路を渡ったりする必要がある。
→これは横断歩道に慣れている日本人には難しいと思いますが、現地の人が堂々と渡っているのの後ろについて行けば問題ありません。

○暑い
→フィリピンは30度以上あるので、1時間歩くと汗だくでした。

こんな感じですが、昼間だったためか特に身の危険を感じたりはしませんでした。

道にも多く人が歩いているので、個人的には街並みを見ながら楽しく歩けました。

のんびり歩いても1時間程度でした。

まとめ

一番おすすめなのが、事前に料金が確定するGrabです。

日本円で1000円以下でいけますし、時間も10-15分程度です。

ただし、どうしても捕まらない場合には、タクシー(乗る際には事前に必ず料金を確認しましょう。単位までしっかりと。)、徒歩も視野に入れるものありだと思います。

ただ徒歩の場合には夜間は絶対に辞めてください。危険が伴います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次