【2024年最新】研修医向け!腎臓内科の教科書おすすめ10選【人気本】

腎臓内科は複雑な生理学と、多岐に渡る疾患の管理を要求される分野です。

腎機能の評価から電解質の管理、急性および慢性腎臓病の治療に至るまで、医学生や研修医には幅広い知識が必要とされます。

そこで、腎臓内科の基本から最新の臨床知見までを網羅する、特におすすめの教科書を紹介します。

これらの書籍は、初学者が腎臓病学の基礎を学ぶのに適しており、また臨床で直面する様々な症例に対する理解を深めるのに役立ちます。

目次

腎臓内科のおすすめの教科書一覧

もう困らない 外来・病棟での腎臓のみかた – 2020/5/22 – ¥4,180 税込

腎臓専門医であり総合内科医としての経験も豊富な著者が、一問一答形式で腎臓の臨床的な問題点を明確に示し、平易かつ丁寧に解説。非専門医が外来・病棟の現場で、「腎臓に何が起こっているのか。どう対応すればいいのか」を適切に判断できるようになることを目指した実践的な1冊。


口コミ:「腎臓病の専門家による腎臓病専攻の若い先生への熱い指導書」

経験豊かな腎臓病専門医による腎臓病臨床の指南書。問答形式で書かれているとのこと。大変勉強になりました。ありがとうございました。 – パークストリート(日本、2021年9月23日)


極論で語る腎臓内科 第2版 (【極論で語る】シリーズ) – 2022/9/30 – ¥3,850 税込

腎臓の生理・病理・診断を徹底解説。著者の今井直彦医師の「極論」は、膨大なドラフト原稿から緻密な取捨選択を経て「極論」が燻しだされる。臨床における腎臓疾患の深い理解を促す「極論」を提供するシリーズの中でも特にロジカルで、基礎医学領域に依拠した内容。


口コミ:「聖路加腎臓内科レジデント研修」

優秀な聖路加国際病院腎臓内科の先生たちへの朝のプレゼンテーションがうまくできるよう、この本をこっそり買って勉強を始めました。 – JJ(日本、2023年10月26日)


レジデントのための腎臓教室〈ベストティーチャーに教わる全14章〉第2版【電子版付き】 – 2023/7/18 – ¥4,950 税込

研修医のための『ベストティーチャー』シリーズ【待望の改訂版】。腎機能検査、糸球体疾患の分類、水電解質、酸塩基平衡など、みんながつまずくポイントを「わかりやすさ最優先」で解説。腎疾患の診かたを基礎から無理なく学べる入門書。


レジデントのための血液透析患者マネジメント 第2版 – 2014/4/10 – ¥3,080 税込

血液透析の基本と患者マネジメント方法をわかりやすく解説。最新のガイドラインに基づいたアップデートと、血液透析患者の高血圧症、糖尿病、脂質異常症のマネジメント解説を追加。レジデントに最適な入門書。


口コミ:「透析に初めて携わる医師に簡にして要を得た好著」

透析医療に際して遭遇する症状や病態に対して、具体的な処方例が記載されておりとても便利。 – RYO(日本、2020年11月20日)


むかしの頭で診ていませんか?腎臓・高血圧診療をスッキリまとめました – 2019/6/22

「むかしの頭で診ていませんか?」シリーズの腎臓・高血圧診療版。従来の考え方から大きく変わった腎疾患および高血圧診療の知識をわかりやすく解説し、最低限押さえておきたい情報をスッキリ整理した一冊。


口コミ:「腎臓と高血圧にもっと気にしたい」

関心の注文品が早速、昨日(17日)届きました。結論を先にし、その後に根拠が示されてるのは、わかりやすい解説になっており、参考になります。 – ひるちゃん(日本、2019年7月18日)


レジデントのための腎臓病診療マニュアル 第3版 – 2017/11/13 – ¥5,720 税込

5年ぶりの改訂で、病歴や身体所見から適格な診断にたどり着く方法、エビデンスに基づいた治療選択をガイドラインで確認する方向性を提供。より正確に病態を把握し、論理的に適切な治療法を選択するためのマニュアル。


口コミ:「電子書籍化希望!」

最近、手狭になってしまい電子書籍しか買わなくなりました。スマホやタブレットに入れておくといつでも見れて便利なので、是非、電子書籍化のご検討を。 – tomoyasu_hjp(日本、2023年9月3日)


Dr.長澤の腎臓内科外来実況中継 – 2021/3/10 – ¥4,180 税込

専門外の医師でも腎機能の低下した患者を診る機会が多い今、腎臓病についての臨床上の知識を学習し、日々アップデートする必要がある。保存期の慢性腎臓病に対する管理から専門家の診かたが身につく内容を提供。


口コミ:「買いです」

腎内をかじるにはうってつけ。 – iori(日本、2022年1月11日)


「型」が身につく 蛋白尿・血尿の診かた・考えかた 【電子版付】 – 2021/6/8 – ¥5,940 税込

尿検査の見方に関する「型」を効率的に身につけることができる本。プライマリ・ケア医と腎臓・泌尿器科専門医の両方の目線を持つ医師による、尿検査の評価・解釈のキモを徹底的に伝授。


口コミ:「一般内科医が理解しやすい内容になっています」

一般内科医が理解しやすい構成になっています。分かりやすく、夢中で読めました。 – 直樹(日本、2022年1月3日)


腎臓内科レジデントマニュアル 改訂第9版 – 2023/12/21 – ¥5,830 税込

関連ガイドライン改訂に伴い内容をアップデートし、最新の知見も盛り込んで大幅改訂。腎機能低下時の薬剤投与量の見やすいレイアウトと新規薬剤の追加、装丁とレイアウトの一新を実施。これ1冊で腎臓病診療の基本から実臨床で役立つ知識まで網羅した全880ページの決定版。


腎臓内科診療の掟 – 2023/12/5 – ¥6,380 税込

実際の診療を行うにあたって、レジデント用マニュアルからステップアップするために知っておくべきことを各疾患のエキスパートがわかりやすく解説。Commonな50の疾患・病態について診療の基本、最新のエビデンス、実際の症例で「掟」がどう役立つか学べる、研修医・若手専門医のための必読書。


まとめ

腎臓内科領域における研修医や医学生のための教科書選びは、その後の臨床経験に大きな影響を与えます。

紹介した教科書は、腎臓病の基礎理論から臨床応用、さらには専門的な知識までを幅広くカバーしており、理解を深めるのに最適なものとなっています。

医師限定コミュニティ「MedPeer」- 紹介キャンペーンでポイント獲得!

医師へのご案内 – MedPeer紹介キャンペーン

「MedPeer」は医師限定で交流し、最新の医療情報を共有するコミュニティです。今なら、紹介キャンペーンを通じて2,000ポイントを獲得するチャンスがあります。下記の紹介コードを使用して登録してください。

MedPeerをチェックする
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次