【2024年最新】研修医向け!血液内科の教科書おすすめ11選【人気本】

血液内科は、貧血から血液がんまで、幅広い疾患を扱う複雑な専門分野です。

本記事では、基礎から応用まで、血液内科学習におすすめの教科書11選を紹介します。

これらのテキストは、研修医時代に確固たる基礎を築くためのものから、実際の臨床場面で直面する複雑な症例に対応するための深い知識を提供するものまで、幅広いニーズに応えるものとなっております。

目次

血液内科のおすすめの教科書11選

病気がみえるvol.5 血液 単行本 – 2023/11/15 – ¥4,180 税込

『病気がみえるvol.5 血液』の6年ぶりの改訂第3版。貧血、白血病、悪性リンパ腫、血友病、DICなど血液疾患を病態・生理から検査・治療までわかりやすく解説。


口コミ:「コンパクトな知恵袋」

血液の知識を単著の優位を生かしてコンパクトにまとめていて、後期内科研修必須です。 – YT(日本、2019年1月22日)


血液形態アトラス 単行本 – 2017/7/24 – ¥6,380 税込

WHO分類2016に対応した最新のアトラス。この一冊があれば、多種多様な血液疾患の全体像が一目でわかる。


口コミ:「アトラスの品質」

写真の美しさが気に入っています。内容もマトを得ているので役に立ちます。教科書的に利用してもいいと思います。 – さとみん(日本、2019年5月26日)


血液病レジデントマニュアル 第3版 単行本 – 2019/4/15 – ¥4,620 税込

レジデント向けに血液疾患の臨床についてわかりやすくまとめた改訂第3版。最新情報および新規治療薬の最新情報を網羅。


口コミ:「役に立っています。」

痒いところに概ね手が届く一冊です。レジデントなら本書と2018年版の造血器腫瘍診療ガイドラインがあれば概ね戦えます。ポケットに入るサイズなのもGOODです。 – HSFM(日本、2019年7月25日)


血液内科 ただいま診断中! 単行本(ソフトカバー) – 2017/4/11 – ¥7,260 税込

非血液内科専門医のために書かれた血液疾患の診断学。プライマリケア医、内科医、研修医に血液疾患の基本的な知識と診断過程をわかりやすく解説。


口コミ:「読みやすい」

文面が読みやすく血液内科の入門書としては非常に良いように感じる。数冊血液内科の本は所有しているが、内容が詳しく調べるには良くても通読は骨が折れるものが多い印象である。血液内科の全体像を掴むにはおすすめの一冊であるし、研修医にも良いと思われる。 – Amazon カスタマー(日本、2020年7月8日)


レジデントのための血液診療の鉄則 単行本 – 2014/8/11 – ¥4,620 税込

血液内科で頻度の高い疾患、緊急度の高い症候と疾患をとりあげ、症例ベースで思考過程と実践能力を養う書籍。診断・治療・患者管理に重要な”鉄則”をマスターできる。


口コミ:「実臨床で非常に役立っています。」

取りかかりにくかった血液内科について解りやすく解説して居ます。 – Amazon カスタマー(日本、2023年10月5日)


レジデントのための血液教室〈ベストティーチャーに教わる全6章〉 単行本 – 2019/8/1 – ¥4,400 税込

ベストティーチャー賞を受賞した著者が、血液内科のエッセンスをわかりやすい講義で解説。臨床に即した実用的な内容で、レジデントが自分の力で診断と初期対応ができるよう指南します。


口コミ:「貧血の所の説明は🆗」

貧血の所は分かりやすくて非常に良かったが、その他の所は役不足かな? – ひでさとえ(日本、2021年5月20日)


よくわかる血液内科 単行本 – 2017/12/25 – ¥4,180 税込

鑑別診断の思考プロセスを磨き、血液内科を得意科目に。気鋭の血液内科専門医が、診療の基本から最新医療までわかりやすく解説。鑑別診断への思考プロセスに重きを置いた構成で、代表的なクリニカルプロブレムにアプローチ。


口コミ:「血液内科の勉強、復習に最適!」

症例ベースで血液内科の全体を勉強できるようになっています。特にDICなどの凝固、線溶系がよくわかっていなかったのでとても勉強になりました。 – 小野正博(日本、2018年2月12日)


誰も教えてくれなかった 血算の読み方・考え方 単行本 – 2011/4/12 – ¥4,400 税込

最低限の病歴と血算から、可能性の高い疾患を「一発診断する」力を身につけるための本。血算は、すべての臨床検査の中で最も基本的で頻用される検査。臨床現場での診断推定に役立つ。


口コミ:「最高の一冊。すべての医師が読むべき。」

これは本当に神本。研修医の頃からの愛読書。血算異常をみたときの視線の動かし方や考え方が整理されていて、非常に実践的。 – サラ・タンクレディ(日本、2022年11月28日)


血液内科グリーンノート 第2版 単行本(ソフトカバー) – 2021/9/7 – ¥7,700

現場で本当に必要な情報を凝縮した「グリーンノート」シリーズの血液内科編。改訂2版では、血液内科の臨床で必須とされる厳選知識を最先端の情報にアップデートし、実臨床で活躍できる力を養う。


血液疾患最新の治療2020-2022 単行本 – 2019/10/17 – ¥7,753 税込

診断から処方例までの標準的治療と最新の情報を提供する血液疾患治療に関する最新シリーズ。新規治療薬や新たに明らかになった病態など注目のテーマを解説し、日々の臨床に役立つ薬剤一覧も掲載。


臨床に直結する血栓止血学 改訂2版 単行本(ソフトカバー) – 2018/10/17 – ¥10,780

専門外の読者にもわかりやすく、すぐに役立つ知識を中心に解説した血栓止血学の入門書改訂2版。大幅なボリュームアップと「臨床に直結」した内容の充実を図り、血栓止血のエキスパートではない医療従事者に特に役立つ一冊。


口コミ:「臨床に役立つ」

タイトルの通り、臨床に直結する大事な知識がわかりやすく網羅されています。 – asigaru8(日本、2018年12月5日)


まとめ

血液内科は、生命を脅かす疾患を扱うため、正確な知識と迅速な判断が求められる専門分野です。

今回紹介した教科書は、研修医や非専門医が血液内科の幅広い知識を身につけるのに役立つだけでなく、日々の臨床で直面する難問に対する洞察を深めるのにも最適です。

各書籍は、病態の理解から診断、治療選択に至るまで、実践的なガイダンスを提供しているものとなっております。

医師限定コミュニティ「MedPeer」- 紹介キャンペーンでポイント獲得!

医師へのご案内 – MedPeer紹介キャンペーン

「MedPeer」は医師限定で交流し、最新の医療情報を共有するコミュニティです。今なら、紹介キャンペーンを通じて2,000ポイントを獲得するチャンスがあります。下記の紹介コードを使用して登録してください。

MedPeerをチェックする
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次