『信用2.0 自分と世界を変える「最重要資産」』の内容は?感想や評判について解説!

本記事では、『信用2.0 自分と世界を変える「最重要資産」』を紹介します。

この一冊は、現代社会において「金融資産」よりも重要とされる「信用資産」の構築方法について、堀江貴文が自身の経験をもとに提案しています。

Amazonでは¥1,540で購入可能、またAudibleでは2ヶ月間の無料トライアル期間を利用して聴き放題のオプションもあります。

この本を通して、あなたも「信用資産」を積み上げ、日常生活やビジネスで直面する様々なチャレンジに対処するための新たな視点を獲得しましょう。

\Amazonで最短翌日に届く/

Audibleの無料体験で読む
\今すぐ始めたい人におすすめ/

目次

『信用2.0 自分と世界を変える「最重要資産」』 – ¥1,540 税込

堀江 貴文による、信用の新時代「信用2.0」に適応する方法についての書籍。

生き方や働き方、考え方も多様化する世界で、信用を積み上げる方法を、具体的な事例と共に提案。本書を通じて、「自分時間=人生」を充実させ、信用資産を増やすことができます。


口コミ:「行動あるのみ。」

行動とそれによる経験が大切。ホリエモンは経験論者である。挑戦することに怖さがあるひとは読んでみると勇気をもらえます。 – ソニーファン(日本、2023年9月7日)

本書のポイントを5つにまとめると

この本は簡単に5つにまとめると以下のようになります。

  • 信用資産の重要性:人生において「金融資産」よりも「信用資産」を貪欲に追い求めるべきだ。
  • 無形資産の価値:現代社会では、人間性や経験などの無形資産が信用を集める。
  • 自分時間の重視:「自分時間=人生」を大切にし、充実させることが信用の獲得につながる。
  • 行動原則:ノリとスピードを重視し、チャレンジを恐れずに行動する姿勢が信用を集める。
  • 信用のアップデート:「信用1.0」から「信用2.0」へと価値観をアップデートし、新しい時代の信用を構築する。

これらの5つのポイントを通じて、堀江貴文は読者に対して、現代社会で重要となる信用資産の構築方法を提供しています。

『信用2.0 自分と世界を変える「最重要資産」』の要約

本書は、現代社会における信用の重要性とその構築方法に焦点を当てています。堀江貴文は、自身の経験を基に、「信用1.0」の時代から「信用2.0」への移行を提案し、新しい時代に適応するための信用資産の増やし方を解説しています。

著者は、信用資産が人生において最も大切な資産であり、これを積み上げることが成功への近道であると主張しています。信用があれば、お金や知識が不足していても、多くのことを成し遂げることができると述べています。

まとめ

『信用2.0』は、現代社会を生き抜くために必要な信用資産を鍛え上げるための指針を提供します。著者の提案する信用の構築法を日々の生活に取り入れることで、読者は自らの人生をより豊かに、積極的に形作っていく力を得ることができるでしょう。

Audibleなら、『信用2.0 自分と世界を変える「最重要資産」』を含む多数の書籍を無料で2ヶ月間読み放題です。この機会に、あなたの信用資産を次のレベルへと引き上げる旅を始めましょう。

【開催中】Audibleが2ヶ月間無料キャンペーン!

キャンペーン概要
キャンペーン期間 2024年2月29日まで
キャンペーン内容 2ヶ月間無料でAudible会員が体験可能
通常月会費 1,500円(キャンペーン終了後、自動的に通常料金へ移行)
退会ポリシー いつでも簡単に退会可能

Audibleは、プロのナレーターや著名人が朗読する12万以上の本やポッドキャストを聴くことができるサービスです。

移動中、運動中、作業中など、あらゆるシーンで読書を楽しむことが可能になります。さらに、オフライン再生機能もあるため、データ通信の心配もありません。

Audibleについて

定額聴き放題
会員になると、12万以上の対象作品が聴き放題に。
豊富なコンテンツ
プロの声優や俳優の朗読はもちろん、Audibleでしか聴けない独占タイトルやポッドキャストも多数。
使い方簡単
  1. Audibleのキャンペーンページから無料体験に登録。
  2. 専用アプリをダウンロード。
  3. 好きな本を選んで、すぐに聴き始めることができます。

キャンペーンの対象者のみにキャンペーンの表示がされます。自分が対象か確認して下さい。

audibleの解約をしていない場合、自動的に月額1500円が課金されます。
継続する予定の無い方は忘れないうちに解約しておきましょう。

※本記事は、販売ページなどから全て公開されている情報からまとめたものです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次