【2024年最新】研修医向け!呼吸器内科の教科書おすすめ10選【人気本】

呼吸器内科では、胸部画像の読み方や呼吸器疾患の診断・治療法など、専門的なスキルが求められるため、適切な教材選びが極めて重要です。

今回紹介する書籍は、レジデントや研修医が呼吸器診療に必要な基本から応用までを幅広く学べるように厳選されたものです。

これらの教科書を通じて、呼吸器内科の専門知識を効率良く身につけましょう。

目次

呼吸器内科のおすすめ教科書一覧

レジデントのためのやさしイイ胸部画像教室[ベストティーチャーに教わる胸部X線の読み方考え方] 改訂第2版 – ¥4,730 税込

胸部X線写真とCTの基本から応用までを網羅した教科書。読影の手順やシルエットサインなど、胸部画像の読み方を詳しく解説。


口コミ:「秀逸」

胸部X-Pの知識ゼロだったわたしも、二日間かけてこれを読んで、読影能力をそうとう身につけることができました。あつかましいのを承知で欲を言えば、側面像についての解説がもう少し欲しいところです。 – ぽち(日本、2023年10月28日)


レジデントのためのやさしイイ呼吸器教室[ベストティーチャーに教わる全29章]改訂第3版 – ¥5,060 税込

呼吸器内科の定番書が4年ぶりの大改訂。最新ガイドラインを踏まえ、さらにわかりやすくなった第3版。


口コミ:「わかっていたつもりでいてわかっていなかったこと」

学生です。わかっていたつもりでいてわかっていなかったことが意外と多かったのだなぁと思いました。 – 無知の巨人(日本、2019年4月19日)


ポケット呼吸器診療2023 – ¥2,200 税込

最新の治療ガイドラインに対応し、臨床で使える小さなマニュアル。呼吸器疾患の診療手順や処方例をコンパクトにまとめた。


口コミ:「最新情報までアップデートしており、安くわかりやすい、見やすい。」

参考文献や表などが随所に盛り込まれており、勉強や日々の臨床でも使用しやすいです。名著だと思います。 – 弘(日本、2023年9月21日)


レジデントのための呼吸器診療マニュアル 第2版 – ¥5,170 税込

呼吸器内科専修医のニーズに応える診療マニュアル。疾患・症状のマネジメント、他科との診療連携、検査、治療が網羅されています。


口コミ:「カラー写真がさらに充実!最初に呼吸器診療の流れが追加になりました」

前回、第1版を購入して、講習会で利用して研修医の先生方に書き込んでもらいました。今回待望の改定です。 – seishou(日本、2013年12月31日)


レジデントのための 呼吸器診療最適解 – ¥5,720 税込

レジデントたちが日常診療で遭遇する「あるある」疑問を症状・疾患別にまとめた実践的な一冊。実際の症例ベースで、診療手順とポイントをイメージできるフローチャートを収載し、わかりやすく解説。


口コミ:「呼吸器科研修中に必ず通読したいおススメの教科書」

亀田総合病院 呼吸器内科部長の中島啓先生が、お一人で執筆された呼吸器診療の基本がまとめられた1冊。初学者にも分かりやすく解説された本書は、具体的な呼吸器患者さんの診療ベースに書かれており、呼吸器の知識や診療の流れが頭にすんなり入ってきます。 – キュート先生(日本、2022年5月4日)


亀田流 驚くほどよくわかる呼吸器診療マニュアル – ¥6,050 税込

「呼吸器診療step upマニュアル」の改訂版。呼吸器疾患の診断から治療まで実践的に解説されており、多様なケースを前にした現場での対応策が理解できる。後期研修医や一般内科医に最適な一冊。


口コミ:「亀田流というタイトルに惹かれ」

羊土社なので余白がやたら多いのが気になりますが、日本の呼吸器診療の標準レベルがこれでわかるという感じです。 – Amazon カスタマーレビュー(日本、2015年4月19日)


Dr.竜馬の病態で考える人工呼吸管理 – ¥5,500 税込

「患者にやさしい人工呼吸管理」をテーマに、病態に応じた人工呼吸器の設定や調節、トラブルの対処法を根拠から解説。軽妙な語り口で読みやすく、初学者にもおすすめ。


口コミ:「わかりやすい!」

この本に勝る呼吸器の本は無いと思うほどわかりやすいです。 – Amazon カスタマーレビュー(日本、2021年3月26日)


竜馬先生の血液ガス白熱講義150分 – ¥2,200 税込

血液ガスの基本や正しい使い方を短時間でマスターできる内容。田中竜馬先生の人気セミナーの内容を書籍化し、血液ガスの読み方を詳しく解説。


口コミ:「◎」

血ガスと言えばこの本!楽しく読めました。 – Amazon カスタマーレビュー(日本、2023年7月23日)


こういうことだったのか!! NPPV – ¥2,640 税込

NPPVの「見よう見まね」での使い方から脱却し、多様なコツを懇切丁寧に紹介。機器の構造を正確に理解し、自由に使いこなせるようになるための一冊。


口コミ:「わかりやすい!!」

基本に戻って学び直しのために購入!分かりやすいの一言!お勧めしたいです。 – Amazon カスタマーレビュー(日本、2018年2月18日)


呼吸音聴診ガイドブック: 見る・聴くWeb付録付 – ¥2,530 税込

呼吸音の聴診に必要な知識をステップに沿って解説。Web付録で実際の呼吸音を聞きながら学べる。初学者でも自信を持って聴診に臨めるようになる一冊。


口コミ:「購入して良かった」

QRコードで肺音が聞けて、内容も分かりやすく購入して良かったです。 – Amazon カスタマーレビュー(日本、2021年9月14日)


まとめ

本記事では、胸部画像の読み方から呼吸器疾患の診断・治療法に至るまで、幅広い知識を習得できるように厳選された書籍を紹介しました。

これらの書籍は、基本から応用までを網羅し、最新の治療ガイドラインに基づいた内容や、現場での臨床経験に裏打ちされた実践的な知識を提供しています。

また、各書籍は、初学者から後期研修医、一般内科医まで幅広い読者に対応しており、読みやすさと理解のしやすさを重視して選ばれています。これにより、呼吸器内科の専門知識を効率良く身につけることが可能になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次