【2024年最新】医学生・研修医・医師向け!呼吸器外科の教科書おすすめ8選【人気本】

呼吸器外科手術の専門書は、手術技術の向上に不可欠な知識と実践的な知識を提供します。

以下に紹介する書籍は、呼吸器外科医や研修医の方々にとって非常に有用なリソースとなるでしょう。

ただ医学生・研修医にとっては必要性は高くないものも多いです。外科系に行く予定のある医学生・研修医の方は購入を検討すると良いでしょう。

あわせて読みたい
【2024年最新】医学生・研修医・医師向け!臨床医学の教科書おすすめを総まとめ【人気】 医学生や研修医、さらには専門医を目指す方々にとって、信頼性の高い教科書や参考書は不可欠です。 以下では、各診療科目別におすすめの教科書を紹介しています。これら...
あわせて読みたい
【2024年最新】医学生・研修医・医師向け!基礎医学の教科書まとめ【人気本】 基礎医学の学習は医師への道の第一歩です。 しかし、その膨大な情報量と難解さに圧倒されることも多いでしょう。 そこで、効率的に基礎医学を学ぶためのサポートとして...
目次

呼吸器外科の教科書おすすめ8選

肺癌 (がん研スタイル 癌の標準手術) – ¥16,500 税込

編集:奥村 栄, 編集:文 敏景(編集協力)
¥16,500 (2024/06/05 19:44時点 | Amazon調べ)

「がん研有明病院」で行われている肺がんの標準手術を詳しく解説。イラストを用いて手技上の注意点やコツを分かりやすく説明しています。


イラストレイテッド肺癌手術[DVD付]―手技の基本とアドバンスト・テクニック – ¥19,800 税込

著:坪田 紀明
¥19,800 (2024/06/05 19:46時点 | Amazon調べ)

肺癌手術の基本手技から応用テクニックまでを詳細に解説。210分のDVDが付属し、手技を映像でも確認できます。


口コミ:「イラストレイテッド外科手術の呼吸器外科版と思ってはならない」

イラストレイテッド肺癌手術は基本的な手技から特殊な気管、気管支形成術、区域切除などを解説しており、筆者の独自視点が詰まった本です。 – ドラ衛門

呼吸器外科テキスト[Web動画付](改訂第2版): 外科専門医・呼吸器外科専門医をめざす人のために – ¥14,300 税込

編集:日本呼吸器外科学会/呼吸器外科専門医合同委員会
¥14,300 (2024/06/05 19:46時点 | Amazon調べ)

呼吸器外科専門医を目指す医師の自己学習に最適。Web動画が付属し、内容がさらに充実しています。


外科レジデントのための呼吸器のベーシック手術 – ¥5,940 税込

日本医事新報社
¥5,940 (2024/06/05 19:46時点 | Amazon調べ)

若手医師向けのベーシック手術スキルを解説。重要な解剖や基本的な手術術式がコンパクトにまとめられています。


ベクトル視点でやさしく読み解く呼吸器外科手術解剖イラスト – ¥5,940 税込

著:安部美幸, イラスト:安部美幸, 監修:杉尾賢二
¥5,940 (2024/06/05 19:47時点 | Amazon調べ)

胸腔鏡手術における胸腔内の解剖をベクトル視点で解説。美しいカラーイラストが掲載され、手術室ナースにも役立ちます。


イラストで理解する呼吸器外科手術のエッセンス – ¥19,800 税込

著:伊藤 宏之
¥19,800 (2024/06/05 19:47時点 | Amazon調べ)

呼吸器外科手術に必要な解剖と手技を1,000枚以上のカラーイラストで学べるテキスト。トラブル対策も網羅。


口コミ:「絵は好き嫌いあると思う」

この図譜は多様な手術アプローチを示しており、手術初心者にとっても理解しやすい内容です。 – ドラ衛門

呼吸器外科手術 肺 (ビジュアルサージカル) – ¥17,600 税込

学研メディカル秀潤社
¥17,600 (2024/06/05 19:47時点 | Amazon調べ)

呼吸器外科医に必要な肺の標準手技をイラストと動画で解説。250点以上のイラストと120分の動画で手技の流れを学べます。


呼吸器外科手術 縦隔・胸膜・胸壁 (ビジュアルサージカル) – ¥17,600 税込

学研メディカル秀潤社
¥17,600 (2024/06/05 19:47時点 | Amazon調べ)

呼吸器外科医に必要な縦隔・胸膜・胸壁の標準手技をイラストと動画でわかりやすく解説。100分を超える手術動画付き。


まとめ

これらの専門書は、最新の手術技術と理論を網羅しており、呼吸器外科医としてのスキルを高めるのに役立ちます。

詳細なイラストや動画を通じて、実践的な知識を深めることができるでしょう。

ただ医学生・研修医にとっては難易度が高い、もしくは必要性は低いものも多いです。自分の志望する科との相談で決めるものありでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次