【2024年最新】医学生・研修医・医師向け!感染症学の教科書おすすめ14選【人気本】

感染症の診療において、信頼できる書籍の選定は非常に重要です。

ここでは、感染症に関連する最新の書籍を紹介します。これらの書籍は、医療現場での実践的な知識から理論的な基礎までをカバーし、感染症に関する理解を深めるために役立ちます。

あわせて読みたい
【2024年最新】医学生・研修医・医師向け!臨床医学の教科書おすすめを総まとめ【人気】 医学生や研修医、さらには専門医を目指す方々にとって、信頼性の高い教科書や参考書は不可欠です。 以下では、各診療科目別におすすめの教科書を紹介しています。これら...
あわせて読みたい
【2024年最新】医学生・研修医・医師向け!基礎医学の教科書まとめ【人気本】 基礎医学の学習は医師への道の第一歩です。 しかし、その膨大な情報量と難解さに圧倒されることも多いでしょう。 そこで、効率的に基礎医学を学ぶためのサポートとして...
目次

感染症学のおすすめの教科書14選

抗菌薬の考え方,使い方 ver.5 コロナの時代の差異 – ¥4,400 税込

著:岩田 健太郎
¥4,400 (2024/06/04 23:28時点 | Amazon調べ)

未曾有のコロナ禍を経て、名著『抗菌薬の考え方、使い方』が装いも新たに登場! 各種抗菌薬の使い方を丁寧に解説し、変化するトレンドにも対応しています。


口コミ:「スタンダードのひとつとして今後も毎Ver.読んでいく所存」

「相変わらず文体やギャグに若干の癖はあるものの全体に大変読みやすくて助かります.知識の羅列に終始せず,タイトル通り「考え方」や診療のポリシーが窺える普遍的な内容になっているのがよいと思います.」 – portex(日本)

感染症ケースファイル―ここまで活かせるグラム染色・血液培養 – ¥3,620 税込

著:谷口 智宏, 監修:喜舎場 朝和, 監修:遠藤 和郎
¥3,620 (2024/06/04 23:28時点 | Amazon調べ)

感染症への標準的アプローチを理解するための一冊。著者の経験症例と豊富な写真が特徴です。


口コミ:「ターゲット(細菌)が見えてくる」

「CASE Studyなので臨床的な治療の流れの中での診断と経過、行った検査、抗菌薬のチョイスの仕方(理由)が分かりやすく記載されており写真も豊富で、個人的には著者の読み手への配慮が感じられました。」 – @fumiMed(日本)

感染症内科 ただいま診断中! – ¥7,480 税込

著:伊東 直哉, 監修:倉井 華子
¥7,480 (2024/06/04 23:28時点 | Amazon調べ)

感染症内科を研修する初期・後期研修医向けに作成された実践的な知識を短期で習得できる一冊です。


口コミ:「日々遭遇する感染症への疑問を解決してくれます。」

「市中病院にて初期研修をしておりますが、特に感染症診療においては多くの疑問が生じます。「血液培養から菌が検出されたが、コンタミネーションではないのか?」などの日常診療で生じる多くの疑問に答えてくれる一冊となっています。」 – しんや(日本)

感染症プラチナマニュアル Ver.7 2021-2022 Grande – ¥3,960 税込

著:岡 秀昭
¥3,960 (2024/06/04 23:28時点 | Amazon調べ)

COVID-19パンデミック対応の最新情報を含む感染症診療マニュアル。臨床現場で必要となる情報を厳選して掲載しています。


口コミ:「情報量が多すぎない・丁度よいマニュアル」

「臨床現場で必要となることの多い情報のみを筆者が取捨選択されており、洗練された情報のみ記載されています。」 – 感染症屋(日本)

極論で語る感染症内科 (極論で語る・シリーズ) – ¥3,850 税込

著:岩田 健太郎, 監修:香坂 俊
¥3,850 (2024/06/04 23:29時点 | Amazon調べ)

世界三大感染症を中心に、21世紀型の感染症診療と対策を徹底解説。哲学的アプローチも特徴です。


口コミ:「岩田先生の極論がここに!」

「グラム染色をみっちり教え込まれた循環器内科医です。極論として、非常になるほど!とうなづきの連続でした。MRやガイドラインとの上手な付き合い方など臨床医がはまってしまいがちな落とし穴もしっかり岩田先生の答えが提示されており、そういう意味でもとても勉強になりました。」 – FOREVER(日本)

小児感染症のトリセツREMAKE – ¥5,940 税込

金原出版
¥5,940 (2024/06/04 23:29時点 | Amazon調べ)

あの「小児感染症と抗菌薬のトリセツ」が完全リメイク! 初版のわかりやすい内容を踏襲しつつ、すべての内容を刷新しました。


口コミ:「本邦初の小児感染症の成書」

「著者の言う通り,日本語で小児感染症をしっかり勉強しようと思うと,まずは本書を押さえておくと間違いないと思います。」 – GP-jks(日本)

病院内/免疫不全関連感染症診療の考え方と進め方 第2集 IDATEN感染症セミナー実況中継 – ¥5,720 税込

IDATEN(日本感染症教育研究会)による、好評のセミナーテキスト。病院内感染症や免疫不全関連感染症をテーマにしています。


病気がみえる vol.6 免疫・膠原病・感染症 – ¥3,850 税込

メディックメディア
¥3,850 (2024/06/04 23:29時点 | Amazon調べ)

免疫・膠原病・感染症すべてを1冊に凝縮。わかりやすいイラストと画像で基礎から徹底的に解説します。


口コミ:「綺麗でした」

「新しい版で助かりました!」 – ハスキー犬(日本)

病歴と診察で診断する感染症: System1とSystem2 – ¥4,620 税込

著:志水太郎, 著:忽那賢志
¥4,620 (2024/06/04 23:29時点 | Amazon調べ)

臨床現場で「病歴」と「診察」にこだわった執筆陣による感染症診断の技術を伝授します。


口コミ:「総合診療の転載?」

「内容は過去に雑誌GIM、総合診療に掲載されたものでしょうか。どこにも書いてないようですが、読んだことのある症例多数でした。」 – まるも(日本)

目で見る感染症〜見ためでここまで診断できる!感染症の画像アトラス – ¥4,620 税込

編集:原永 修作, 編集:藤田 次郎
¥4,620 (2024/06/04 23:30時点 | Amazon調べ)

感染症を“見ため”で掴んで診断するコツを伝授。豊富な症例画像を掲載し、診断力を磨くための必携書です。


口コミ:「マニアックな写真がカラーでずらりと」

「実は診察だけで診断可能な感染症は多数あります。本書にある結核性リンパ節炎や梅毒など、見たことがあれば一発で予想できます。」 – kamekurasan(日本)

みるトレ 感染症 – ¥4,180 税込

著:笠原 敬, 著:忽那賢志, 著:佐田竜一
¥4,180 (2024/06/04 23:30時点 | Amazon調べ)

身体所見、微生物学的検査所見、画像所見の診断の手掛かりを見逃さないための臨床問題集。感染症診療の力がアップします。


口コミ:「視診の重要性を論理的かつ感覚的に述べた名著。」

「視診というのは第一印象に頼りすぎることでは断じてない。わかっている事実、検査結果などとともに臨床推論を組み立てていくツールの一つです。」 – kamekurasan(日本)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版 – ¥13,200 税込

著:青木 眞
¥13,200 (2024/06/04 23:30時点 | Amazon調べ)

読み継がれてきた「感染症診療のバイブル」。最新の診療ガイドラインと知識を凝縮しています。


口コミ:「分厚い」

「どの分野についても言えるが改訂のたびにページが増える。もはやハードカバーにし、サイズを大きくしてもらいたいです。」 – ガリガリ君(日本)

わかる抗菌薬 (Essence for Resident) – ¥3,740 税込

著:天沢 ヒロ
¥3,740 (2024/06/04 23:31時点 | Amazon調べ)

感染症は基本が大事! 50の微生物、20の抗菌薬を視覚的に楽しく学べる一冊です。


口コミ:「何度も読もう」

「感染症は得意ではない。しかし得意不得意を言っている場合ではない。毎日診ているのだ。本書はこれまで感染症で挫折していた人々には福音書といえる。」 – おいちゃん(日本)

トライアングルモデルで身につける 感染症診療の考え「型」〜“患者背景からPitfall、今後のマネジメントまで”デキる医師の思考プロセス完全版 – ¥4,180 税込

「トライアングルモデル」を使えば感染症診療の基本となる考え方が身につきます。患者背景からPitfall,治療後のマネジメントまでを解説。


口コミ:「目新しさ」

「類書が多く、なかなかこれぞという本は出せないとは思いますが感染症診療を学び始めた研修医には良書でしょう。」 – Amzon Custmer(日本)

まとめ

以上、感染症に関する書籍を紹介しました。

これらの書籍は、感染症診療に必要な知識を幅広くカバーしており、初学者から専門家まで役立つ内容となっています。

各書籍の詳細な説明とレビューを参考にして、あなたの学習や診療に役立ててください。ぜひ、これらの書籍を手に取って、感染症に関する知識を深めてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次