【2024年最新】研修医向け!感染症診療・抗菌薬選択で使える教科書おすすめ14選【人気本】

医療の現場では、抗菌薬の正しい知識と使用法が非常に重要です。

特に研修医や初学者にとって、この広範で複雑な領域は難解に感じられることがあります。

そこで、今回は研修医や医学生を対象に、抗菌薬の使用法を習得し、感染症診療において自信を持って行動できるよう支援するための書籍を厳選して紹介します。

これらの書籍は、理論から実践まで幅広い内容を網羅しており、感染症治療における知識の基礎を固めるのに役立つでしょう。

目次

一覧

絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 – ¥3,630 税込

「抗菌薬は覚えることが多すぎる」と悩む研修医必読の書籍。必須知識を超厳選し、ポイントを一目で理解できる構成と演習問題で応用力を鍛えます。妊婦への投与など、臨床で直面するシチュエーションに役立つ付録表も充実。


口コミ:「初心者にも最適」

「抗菌薬を詳しく、でも簡単に読める本でとても役に立ちました。初心者にはおすすめします。」 – Amazon カスタマー(日本、2021年1月27日)


抗菌薬の考え方,使い方 ver.5 コロナの時代の差異 – ¥4,400 税込

未曾有のコロナ禍を経て、名著『抗菌薬の考え方、使い方』が新たな装いで登場。Dr.岩田による各種抗菌薬のジャッジと解説が、変化し続けるトレンドを踏まえつつ展開されます。「本質」とは何か、目の前の多様な患者に対してどのような根拠で何を目的に使うのかをひたすら丁寧に解説。


口コミ:「スタンダードのひとつとして今後も毎Ver.読んでいく所存」

「本格的には「魔弾」からしか読んでいない素人ですが,遅ればせながら新Ver.を読ませていただきました.相変わらず文体やギャグに若干の癖はあるものの全体に大変読みやすくて助かります.」 – portex(日本、2023年12月31日)


わかる抗菌薬 – ¥3,740 税込

感染 症は基本が大事。50の微生物と20の抗菌薬を、色と形、キャラクターで視覚的に楽しく学ぶことができます。天沢先生による抗菌薬の基本が分かりやすく解説され、徹底的にまとめられた内容。


口コミ:「何度も読もう」

「感染症は得意ではない。しかし得意不得意を言っている場合ではない。毎日診ているのだ。本書はこれまで感染症で挫折していた人々には福音書といえる。」 – おいちゃん(日本、2022年2月13日)


使いこなす抗菌薬 – ¥4,180 税込

臨床で必要になる感染症の基本を対話形式で学ぶことができる書籍です。絶対に覚えなければならない微生物の特徴や基本薬について、初心者の「まなぶ君」とともに天沢先生からカンファレンスを受ける形式で解説されています。姉妹本の「わかる抗菌薬」と合わせて読むことで、理解が一層深まります。


口コミ:「初学に良い」

「前作「分かる抗菌薬」の内容ベースに本作は微生物、抗菌薬、症候&症例別により実践的な抗菌薬の使い方を解説している。ざっくりとした内容であるため、初学にとても良いと思った。」 – s(日本、2023年7月23日)


抗菌薬BOOK&MAP――抗菌薬治療の要点解説書(抗菌薬 BOOK)1 冊 と 抗菌薬詳細一覧表(抗菌薬 MAP) 2 枚 – ¥3,300 税込

このセットは【抗菌薬BOOK】と【抗菌薬MAP】を組み合わせたもので、抗菌薬治療の要点をわかりやすくまとめた本と、抗菌薬に関する情報を地図のように一覧できる便利な印刷物が含まれています。大MAPと小MAPの2枚があり、抗菌薬の詳細から腎機能別の用法用量まで、臨床の最前線で活躍する薬剤師により執筆された、オリジナリティ溢れる内容です。


口コミ:「初心者歓迎+玄人にも役立つ」

「一般的な微生物、感染症、抗菌薬の概説書としてわかりやすく、重要な耐性機構や抗菌薬アレルギーへの対応について実践的に説明されており、医師にとっても出色の出来となっている。」 – qwerty(日本、2022年7月26日)


もう迷わない! 抗菌薬Navi – ¥3,080 税込

感染症治療薬を処方・管理する初学者向けに、押さえてほしいポイントを解説した攻略本。PK/PDの考え方から、100種類を超える薬剤の臨床上重要な特徴までまとめており、感染症治療薬の理解を深めます。改訂版では、抗体医薬品やCOVID-19治療薬の項目も追加されています。


口コミ:「引き続き期待。」

「初版から改訂のたびに購入しております。初版のレビュ ーで「改訂を切に願います。」と書きましたが、その後8年越しで第2版が出た後、第3版は4年弱での改訂でした。今後も可能な限りアップデートを期待しております。」 – TO(日本、2022年12月23日)


染方史郎の 楽しく覚えず好きになる 感じる細菌学×抗菌薬 – ¥3,960 税込

細菌学と抗菌薬の学習を「楽しく、わかりやすく」するために、さまざまな細菌の特徴をイラストを用いて紹介し、抗菌薬については系統別の相違点をまとめつつ個々の特徴をコンパクトに解説しています。細菌学への理解を深めたい医療従事者、学生、一般の方に最適な一冊です。


口コミ:「医師国家試験にも使える!」

「医学部の学生なら、細菌学の成書を買わされることが多いが、本書を一通り読めば、国家試験の感染症の問題に頓珍漢な答えをする可能性がグッと減る。非常にわかりやすいし、印象に残るような努力が沢山なされている。」 – sunflower(日本、2021年10月12日)


抗菌薬ドリル〜感染症診療に強くなる問題集 – ¥3,960 税込

感染症の診断や抗菌薬の選び方・やめ方、アレルギー、感染対策など、感染症診療の基盤になる考え方を、問題を解きながら楽しく身につけることができます。難しすぎず、簡単すぎず、ちょうど良い難易度の73問で、抗菌薬についての理解を深めましょう。


口コミ: 「すごく分かりやすい!」

「様々な抗菌薬について論文ベースでしっかりと解説されていて大変分かりやすいです。」 – Amazon カスタマー(日本、2021年6月12日)

これでわかる! 抗菌薬選択トレーニング: 感受性検査を読み解けば処方が変わる – ¥3,960 税込

的確な狭域化・処方変更のノウハウをマスターするための書籍。薬剤感受性検査結果の真意を読み解き、適切な治療と耐性菌の問題に対処します。約60問の実践問題を通じて抗菌薬選択の基礎力を身につけることができ、感染症診療の基本と関連する検査の基本も簡潔に解説されています。


口コミ:「続編希望」

「続編で「専門医にコンサルト」後の思考過程も取り上げて貰えると嬉しいです。」 – yk(日本、2021年6月23日)


感染症プラチナマニュアル Ver.8 2023-2024 – ¥2,530 税込

2015年初版以来のベストセラー感染症診療マニュアルの改訂第8版。ハンディサイズに必要な情報を絞って収録し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の記述を大幅に刷新。新規ガイドラインや主要論文約150本の情報を更新し、新たな執筆協力者による大改訂。全体で約40ページ増加し、質の高い現場で役立つマニュアルに仕上がっています。


口コミ:「小型です」

「内容はともかく、かなり小型な書籍なので字が小さい。老眼の私にはきつい。処方薬の詳細がわかるのと、診断へのアプローチがあり役に立ちそう。」 – 国井亮太(日本、2023年5月16日)


グラトレ グラム染色アプローチで最適な抗菌薬を選択できる! – ¥3,960 税込

グラム染色を活用し、最適な抗菌薬選択のノウハウを学ぶ書籍。大学病院の感染制御部で活動する薬剤師が、グラム染色の見方から最適な抗菌薬選択までを論理立てて紹介。17の実症例をベースに、初学者でも挫折せずに抗菌薬の選択・提案に自信をつけるための内容です。


ちょっと待った! その抗菌薬はいりません – ¥4,180 税込

「抗菌薬をいかに使わないか」をテーマにした書籍。不要な抗菌薬の処方を見直し、診断から治療までのポイントを徹底解説しています。抗菌薬の適正使用と薬剤耐性対策を学ぶための解説書で、症状から感染臓器と菌を想定し、間違いのない薬剤選択ができるようになる内容です。


口コミ:「わかっているけど、やめられない!」への処方箋

「抗菌薬の適正使用に関しては「わかっているけど、やめられない。」という現実がある。その「わかっている理論」と「やめるための実践」がバランス良く紹介された処方箋とも言える良書。」 – yonekichi(日本、2019年5月13日)


レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版 – ¥13,200 税込

「レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版」は、診療の基本原則から新型コロナウイルスや薬剤耐性など現代医療の最前線に関連するトピックまでを網羅。実践的な臨床知識とエキスパートの見解が結集した、感染症診療のバイブルです。1720ページに及ぶこの書籍は、医療関連感染の予防、病原の同定、抗菌薬の適切な選択など、臨床医にとって不可欠な情報を提供します。


口コミ:「重厚な正常進化の第4版登場」

想定外の速さでの改定を行った第4版は、感染症診療の最新情報を反映。ただし、ページ数の増加によりハンディさは減少。 – 感染症屋(日本、2020/12/3)


“実践的”抗菌薬の選び方・使い方 – ¥3,630 税込

「“実践的”抗菌薬の選び方・使い方」は、抗菌薬の基礎知識から使い分けまでを独自の視点で解説した書籍です。起因菌、薬剤の構造、投与経路別の知識に基づき、スペクトラムが重なる抗菌薬の特徴と使い分けのポイントを明確に解説しています。211ページのこの書籍は、混乱しやすい抗菌薬知識の整理に役立ちます。


口コミ:「いい本だと思います。」

本書は抗菌薬の使い分けに関する知識がよくまとまっており、実践的で使いやすい内容。 – june-note(日本、2015/4/5)


まとめ

抗菌薬の選択と使用は、感染症治療における重要な要素です。

研修医や医学生にとって、この複雑な分野を理解し、適切に適用することは極めて重要です。

今回紹介した書籍は、抗菌薬の基本的な知識から、実際の臨床での応用に至るまで、幅広い情報を提供しています。これらの書籍を活用することで、医療専門家は抗菌薬に関する理解を深め、より質の高い患者ケアを提供することができるでしょう。

医師限定コミュニティ「MedPeer」- 紹介キャンペーンでポイント獲得!

医師へのご案内 – MedPeer紹介キャンペーン

「MedPeer」は医師限定で交流し、最新の医療情報を共有するコミュニティです。今なら、紹介キャンペーンを通じて2,000ポイントを獲得するチャンスがあります。下記の紹介コードを使用して登録してください。

MedPeerをチェックする
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次