【2024年最新】研修医向け!輸液・点滴の選択で使える教科書おすすめ11選【人気本】

輸液治療は、研修医が病棟や救急現場で直面する最も基本的かつ重要な治療の一つです。

正確な輸液管理は、患者の生命を守り、回復を促すために不可欠です。

本記事では、研修医が押さえておくべき、輸液治療に関する必読の教科書を紹介します。

これらの書籍は、実臨床で直面する様々な状況に応じた輸液の考え方、選択の根拠、処方の実際、そして水電解質管理に至るまで、幅広い知識を網羅しています。実例を通じて輸液治療の基本から応用までを学べます。

目次

研修医におすすめな輸液の教科書一覧

そうだったのか! 実臨床で必要な輸液の考え方〜症例で学ぶ 患者に応じた体液・電解質管理 単行本 – 2023/10/14 – ¥4,400 税込

外来や病棟で輸液を使いこなすために必要な知識を症例を交えて解説。輸液の基本から、個々の患者に合わせた処方まで、この1冊でマスターできます。


口コミ:「臨床での考え方を学ぶためのドリル」

半分くらい解きましたが、輸液や水電解質の計算をするようなドリルではなく、作者がどう考えて実際に診療しているか、その過程を追体験できるような問題集です。 – Amazonカスタマー(日本、2023/10/23)


あなたも名医! 輸液製剤の種類と使い方〜選択の根拠と処方の実際がわかる【電子版付】(jmed71) 単行本(ソフトカバー) – 2020/12/25 – ¥3,850 税込

輸液製剤ごとの特徴と使いどころを紹介。外来、救急、周術期など、現場に応じた輸液の考え方と対応を具体的に記載しています。


Dr. 長澤印 輸液・水電解質ドリル 単行本 – 2023/10/16 – ¥4,620 税込

経験豊富なDr.長澤の思考過程を学べる20症例を通して、輸液・水電解質管理のリアルに挑みます。初学者から上級者まで、幅広く実践的な知識を身に付けられます。


口コミ:「尿電解質をどう活用するかの実際のところ」

水電解質に関する基本的知識についてのおさらいから始まり、実際の臨床に即したいくつものケースが多く扱われています。 – MONO好きな医師(日本、2023/11/3)


シチュエーションで学ぶ 輸液レッスン−第3版 単行本 – 2021/3/22 – ¥3,740 税込

「読みやすさ」「理解しやすさ」にこだわった第3版。研修医と指導医の会話からシチュエーションをイメージし、具体的な処方例を追加してさらに理解が深まります。


口コミ:「わかりやすい」

事例もあるため、わかりやすく、実践に結びつけやすいです。 – 7(日本、2023/2/18)


輸液を学ぶ人のために 単行本 – 1997/9/1 – ¥2,640 税込

看護師も医学生も、輸液についてはずしてはならない知識。その基本から応用までを研修医・看護師向けに解説し、高い評価を得ている入門書の第3版です。


口コミ:「生兵法は大ケガのもと」

輸液の導入書としてよく紹介される本書を私が学生の時に購入し、最初に読んだ感想は「とんでもなくわかりにくい」であった。 – ライ(日本、2023/8/15)


輸液グリーンノート 単行本(ソフトカバー) – 2021/3/31 – ¥4,620 税込

輸液開始が必要な状況と輸液終了の目安を明確に解説し、不要な輸液や合併症を防ぐための現場の実践的知識がコンパクトにまとまった一冊。病棟や救急などあらゆる現場で役立ちます。


口コミ:「症例提示があり実践的」

輸液の本の多くは理屈説明の割合が多く治療法についてはさらっと済まされているが、本書では具体的な症例を元に実際のオーダー例が示されているので、現場で役に立った。 – ライ(日本、2023/1/3)


レジデントのための これだけ輸液 単行本 – 2020/6/29 – ¥4,620 税込

初学者が最初に読むのに適した本。基礎から無理なく学べる入門書で、臨床で必ず経験する症例を提示し、具体的な治療法を時系列で解説します。


口コミ:「レジデントにも、医学生にもお勧めできる名著」

レジデントが「まず抑えるべき点」が簡潔に纏められている。専門的な輸液管理については深くは触れられていないが、その入口として十分なものである。 – vindicate(日本、2021/2/22)


輸液ができる、好きになる―考え方がわかるQ&Aと処方計算ツールで実践力アップ 単行本 – 2010/6/28 – ¥3,520 税込

Q&Aで必須知識と理論的な背景をやさしく解説。さらに現場に即した症例を用いた演習問題で、学んだ知識を実践応用する力が身につきます。


救急・ICUの体液管理に強くなる〜病態生理から理解する輸液、利尿薬、循環作動薬の考え方、使い方 単行本 – 2015/6/4 – ¥5,060 税込

急性期の体液管理について、各病態ごとに病態生理をふまえながらしっかり解説。輸液のほか、利尿薬や循環作動薬の解説も充実し、病態に応じた使い分けや処方例も掲載されています。


口コミ:「ありそうでなかった、臨床に即した全身管理の教科書」

輸液をテーマにした医学書は他にもあるが、この教科書は臨床の場面に即した内容で、ICUで常に問題となるような多系統の管理に関して具体例を交えて記述されている。 – とある救急医(日本、2015/6/6)


輸液管理のすべて (救急・集中治療 Vol.35 No.2): 研修医からの質問257 単行本 – 2023/8/28 – ¥11,000 税込

救急・集中治療領域の「輸液管理」に関するQ&A形式でわかりやすく解説されたバイブル。日常臨床において疑問と思われる項目について、専門家が明確に答えます。


口コミ:「期待通り」

色々読んだが、最後はこれで学習を仕上げられた。さすがのシリーズ。ハズレなし。 – Amazon カスタマー(日本、2023/12/25)


時系列で紐解く 有益な輸液の話 単行本 – 2023/2/3 – ¥3,960 税込

急性期輸液をアート、クラフト、サイエンスの視点で読み解く。集中治療科で働く著者による、輸液に関する様々な質問をQ&A形式で紹介し、症例を交えながら輸液療法に関する見解とその対応をまとめています。


口コミ:「若手医師や看護師の教育に最適」

難解な書き方ではなく、目の前に指導医がいるようなスタイル。時折織り交ぜられる雑学やユーモアも「やりすぎ」ではなく好感が持てる。 – 都内の集中治療医(日本、2023/2/12)


まとめ

これらの教科書は研修医が輸液治療の基礎を固め、臨床で直面する様々な状況に対応するための知識と技術を習得するためのものとなっております。

輸液治療に自信を持ち、患者の管理においてより良い判断を下すために、これらの教科書を手元に置き、継続して学び、実践の中で知識を深めていきましょう。

医師限定コミュニティ「MedPeer」- 紹介キャンペーンでポイント獲得!

医師へのご案内 – MedPeer紹介キャンペーン

「MedPeer」は医師限定で交流し、最新の医療情報を共有するコミュニティです。今なら、紹介キャンペーンを通じて2,000ポイントを獲得するチャンスがあります。下記の紹介コードを使用して登録してください。

MedPeerをチェックする
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次