【2024年最新】研修医向け!麻酔科と救急科で役立つ教科書おすすめ厳選【人気本】

目次

麻酔科研修のおすすめの本

麻酔科研修では、一冊は何か本を持っておくと安心です。

麻酔科研修チェックノートは多くの人が使っている印象です。

私も使っていましたが、分かりやすく簡潔にまとまっているので、麻酔科の入りとしてはおすすめです。

麻酔科研修チェックノート 改訂第7版 – ¥3,960 税込

麻酔科研修に必須とされる改訂第7版。研修医必携の知識と手技を網羅し、図表やチェックシートで理解を深める。ポケットサイズで携帯便利。


口コミ:「麻酔の基本」

足りない部分はあるが、麻酔の基本的なことが記載されており良本! – 声なき声(日本、2022年10月25日)


麻酔科研修 実況中継! 第1巻 – ¥3,080 税込

研修医・中山・藤田・渡辺先生が、敏腕指導医の下で麻酔科初期臨床研修に挑む物語。手術室のルールから麻酔の基本までを網羅。


口コミ:「麻酔・手術室入門書としては最適」

前から気になっていましたが、最近ようやく読みました。研修医目線で順序立てて書かれているため、入門書としてベストと思います。 – Shima(日本、2023年8月29日)


麻酔科研修20日ドリル – ¥3,300 税込

「教科書的な知識」と「臨床現場」をつなぐ、20日で習得できる書き込み式ワークブック。薬剤の使い方や計算、手技、モニタリングなどを効率良く学べる。


口コミ:「わかりやすい参考書です」

初期研修医2年目です。昨年麻酔科をローテートせず、今年初めて研修した際に勧められました。内容は簡潔で分かりやすく、毎日少しずつ進められるのが非常に助かりました。 – Mamoru(日本、2022年8月17日)


極論で語る麻酔科 – ¥3,850 税込

Dr. 森田が米国の麻酔現場から伝える【極論】!全科目にわたる豊富な知識を蓄え、患者の安全を守りながら医療現場をファシリテートする麻酔科医の知恵を学べます。


口コミ:「シンプルで挑戦的」

「麻酔臨床は手持ちのカードの優先順位をつけること」というコアなメッセージが散りばめられています。複雑な状況を単純化する思考が述べられており、研修医、専攻医、専門医にも有用です。 – にく(日本、2020年10月3日)


救急科研修のおすすめの本

救急外来でおすすめの教科書に関しては、以下にまとめられています。

多くの人が持っているのが当直医マニュアル、京都ERポケットブックです。

その他にも、難易度に応じて様々あるので、年次に応じて色々検討してみて下さい。

あわせて読みたい
【2024年最新】研修医向け!救急外来・当直で使える教科書おすすめ15選【人気本】 救急外来での対応は、時に迅速かつ正確な判断が求められる難しい場面が多くあります。 特に研修医や若手医師にとって、救急外来での経験は非常に重要であり、適切な知識...

商品名: 京都ERポケットブック 第2版 – ¥4,180

このペーパーバックは、ER研修の難しさを克服するためのサポートとして設計されています。上級医の知識を言語化し、コンパクトにまとめています。主訴別のアプローチが文字とイラストで図示され、緊急病態の対応が容易に理解できるよう工夫されています。

勉強になる
評価: ★★★★★ (5.0/5)
「わかりやすく、見やすい構成。」
投稿者: shon(日本、2023/07/16)

当直医マニュアル2023 – ¥5,720 税込

救急・応急診療のための決定版マニュアル。最新知見を反映した内容で当直医に必要な情報を網羅。

救急・応急診療に必要な全情報
評価: ★★★★★ (5.0/5)
「救急・応急診療における決定版マニュアル。緊急時に必要な知識と手技を網羅。」
投稿者: 匿名(日本、2023/01/07)【一部改変・要約】

まとめ

麻酔科、救急科は他の科と異なりその場での判断が必要となってくる科であるため、ある程度事前に予習をしておく必要があります。

上記の本を何か一冊持っておくと、ひとまず最低限どうにかなります。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次